ブックメーカーの税金と確定申告の知識

野球とお金

副業やお小遣い稼ぎの一つとしてブックメーカーを利用している人もいるかもしれませんが、近年ではメインの仕事としても幅広く影響しているといえるでしょう。基本的にはイギリス公認のギャンブルですが、日本で生活をしていて利益が50万円以上ある場合には、確定申告をして税金を支払う必要があります。

もしもプロ野球に詳しくブックメーカーで多くの利益を得た場合には確定申告をしなければなりませんが、課税対象額が少ない場合には申告しなくても良いケースもあるため注意が必要です。

一般的にブックメーカーでいくら稼いだ場合に確定申告が必要なのかというと、三つのポイントを押さえておくと分かりやすいでしょう。

バッター

その一つが年間の利益、二つ目に年間の掛けた金額、三つ目に利益から投資した金額を差し引いた合計金額です。1年間の1月1日から12月31日までに稼いだ利益から必要経費を差し引いた金額が50万円以上の場合には、確定申告が必要です。

しかしブックメーカーはギャンブルにあたるので特別控除扱いとなります。仕事をしている人の場合には給与所得以外で年間20万円以上であれば申告が必要となります。仕事をしていなければ年間38万円以上で申告が必要です。これらの理由からブックメーカーを始める人が増えているといえますが、今後はこの金額の基準が変更になる可能性もあるので、早めに利用しておいた方がよいという声も聞こえます。

確定申告をしていないことがばれてしまうと10パーセントから40パーセントの追徴課税を取られることになります。面倒なことになる前にしっかりと申告をしておく必要があります。

世界中で人気

プロ野球やメジャーリーグに詳しいファンほどブックメーカーで利益をだす確率はあがりますが、応援のつもりでプロ野球に賭けているファンでも連勝したならば大きな利益になることもあるので、税金の知識はしっかりと学ぶようにしましょう。